T2の競馬予想~馬券の基本は複勝から~

T2の競馬予想~馬券の基本は複勝から~

競馬を投資にしたい。複勝を極める修業の場。

MENU

2021/3/6の予想


人気ブログランキング

T2だ。

明日の天気を確認する。

中山 曇
阪神 晴
小倉 晴

雨は降らなさそうだが、前日の雨が残るところもありそうだ。
芝は稍重までを想定して予想したい。

6日(土)の予想をする。
1.2倍以下は見送る。

阪神4R エリカステラ 複勝

前に行く馬はいるものの積極的に先手を奪いに行くタイプではない。
展開としてはスローを想定する。
エリカステラは前走のデビュー戦を好スタートから先手を奪った。
行きっぷりが良くジョッキーも抑えていたあたり、少し折り合いを欠いていたように見える。
押し出されての逃げであり、慣れが見込める2戦目は好位でも競馬ができそうだ。
その前走の直線。鞍上のアクションは小さく、無理をさせていないように見えた。
今回は川田ジョッキーに乗り替わる。しっかりと追えるジョッキーに替わるのは良い点だ。
さて、この馬を狙う最大の理由はジョッキーの采配にある。
藤原英厩舎の主戦ジョッキーは関西の場合、福永ジョッキーと岩田望ジョッキーだ。
その二人はどうやら先約があったのか、この馬には騎乗しない。
川田ジョッキーがこの厩舎の馬に最後に乗ったのは2019年の11月だ。
去年は一度も騎乗していない。今回の騎乗はたまたまかというとそうではないと考えている。
追切で川田ジョッキーが騎乗しているからだ。関係が希薄な厩舎の馬に追切に乗ることは普通は考えられない。
ここは勝つための采配だと考えた。
オーナーも2頭出しの構え。距離延長のエリカシャンスが前に行くことでエリカステラの折り合いを確保するということもできる。
予想通りの作戦となるかはわからないが進路確保の面で仲間がいるのは心強い。
1年ぶりの一流コンビに期待したい。

阪神5R ジャスパーゴールド 複勝

今週は新人ジョッキーがデビューする。
森厩舎は所属の新人、松本ジョッキーに今週5鞍騎乗させる。
期待の表れか。通常、経験の浅い、実力のわからないジョッキーを勝負対象にするのはリスクがある。
ただし、デビュー直後はデビュー祝いとして勝ち負けできそうな馬を新人に用意することがある。
ジャスパーゴールドがそのデビュー祝いだと考えている。
新人ジョッキーは-3 kgの減量でスタート。特別戦では適用されないため、平場であればそのメリットを生かせる。
勝たせるとするなら平場だと考えた。そしてこの馬の主戦は武豊ジョッキー。
森厩舎が良く勝負所で依頼を出すのが武豊ジョッキーだ。
そのジョッキーが阪神におり、かつ騎乗馬がいないにもかかわらず新人ジョッキーが手綱を握る。
個人馬主の馬の主戦レジェンドジョッキーを新人ジョッキーに替えたわけだ。
陣営としてもそれ相応の結果を残す必要がある。オーナーサイドにもお願いしているかもしれない。
自信があるからこその采配だと考えた。
馬の能力としても持ちタイムは1:12:4。良馬場でこのタイムであればここでは上位だ。
無理に逃げる必要がないためペースを誤るリスクは少なくなる。
このレースの前に2レース騎乗するため緊張もある程度緩和できるだろう。
厩舎が期待する大型新人に期待して勝負だ。

阪神11R チューリップ賞GⅡ ********人気ブログランキングに記載。 複勝


人気ブログランキング
この馬を狙う理由は主に2点。
近走の走りと勝負気配からだ。
今年のチューリップ賞は2歳G1に出走したのはメイケイエールのみ。
各馬同士で同じレースを走っているのもわずかで能力比較が難しい。
ここは世代上位の馬と戦ってきた戦績を評価した。
まずは3走前のレース。勝ち馬は後にソダシと接戦した馬だ。
この勝ち馬との差は、コーナーの位置取りの差だと考えている。
勝ち馬が4コーナーで馬群の中に入ったのに対して、この馬は大外を回っていた。
4コーナー手前までの勝ち馬とのリードがコーナーでなくなってしまった。
4コーナーまでの差と最終的な着差はそれほど変わらない。
つまり、着差ほど実力差はなく、この馬にも勝てるチャンスはあったと考えている。
2走前は、道中少し抑えながらの追走だった。勝ち馬に展開が向いたことを考えるとよく走っていたように思う。
最後もしっかり伸びていた。先着された馬は重賞で勝ち負けできる馬だ。順位を落としたとはいえ悲観する内容ではない。
そして前走、有力馬が道中で仕掛けたということもありやや早仕掛けとなってしまった。
前の馬には厳しい展開となった分、後方の馬に差されてしまったが、この馬自身は位置取りのわりに伸びている。
世代上位の馬とそれほど差はないと考えている。このメンバーなら力は上位。
クラシックへ出走するためにはここで優先権を獲得したい。おそらく次を見据えた仕上げではないはずだ。
そう考えるのは調教にある。今回はジョッキーが乗り替わる。主戦ジョッキーは別の有力馬を選んだようだが。
乗り替わるジョッキーが3週連続で調教に跨っている。間違いなくここを狙っている。
今回のジョッキーは実績がある割に騎乗馬が集まらない。素行の悪さが足を引っ張っている。
この日は2鞍しか乗らない。もちろんこのレースに全力のはずだ。
ここで結果を出せばクラシックもこの馬で出走できるはず。
期待したい。


最後まで読んでくれてありがとう。

人気ブログランキング
クリックしてくれると嬉しい。